神社人メインタイトル
 
10667社
サイト内検索

恋の水神社

恋の水神社
恋の水神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神
美都波能女命(みずはのめ)
[別記]禰津波能売神/罔象女命/水波能売命/弥都波能売神
ご祭神について 罔象女命:水の神/井戸の神
※祈雨、止雨の神得があるとされる。
ご利益 恋愛成就、水難守護、天候祈願 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 具体的な創建時期は不明となるが、かつて、少名彦命が当地の水を飲んで病気が快癒したと言い伝えがある。その後も当地には、桜姫伝承と呼ばれるこのご神水にまつわる伝承が残っており、それが、当社の縁結びの言われにもなっている。話は、桜姫という娘(藤原成範の娘)が、家臣の青町と恋に落ちることに始まる。そして、そのことが原因で、桜姫は家を追い出されてしまうが、親の反対を押し切って、結婚してしまう。しかし、ある日、青町は病に伏してしまい、必死の看病にも回復しないことに、桜姫は、神のある信託を受けて、当地の「恋の水」のことを知る。すると、桜姫は、「恋の水」を求め、一路、尾張の国知多を目指すのだが、道中、その場所を村人に尋ねたところ、貴族を嫌った村人に嘘の情報を教えられ、結局、桜姫は疲労困憊の末、青町に無事、恋の水を届けることなく、力つきてしまうという悲哀の伝承が残り、現在もその恋の水のご神徳を求め、高い崇敬を集め続けている。
所在地 (〒470-3233)愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91
最寄り駅 ●名鉄知多新線「知多奥田」駅より徒歩約20分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0569-87-3133
ポイント
当社では、売店で願掛け紙コップを受け、その紙コップに願い事を書き込んで「恋の水」を汲み、神棚に供えるとよいとされる。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
社殿正面
鳥居前
ユーザーコメント