神社人メインタイトル
 
10614社
サイト内検索

大日霊貴神社(大日堂)

大日霊貴神社(大日堂)
大日霊貴神社(大日堂)
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 天照大神(あまてらすおおかみ)
吉祥姫命(きっしょうひめのみこと)
他11柱
ご祭神について 天照大神:皇祖神のひとつ、太陽の神
吉祥姫命:ダンブリ長者の娘、継体天皇の后
ご利益 諸願成就 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 継体天皇の御代(在位507年〜531年)
由緒 継体天皇(在位507年〜531年)がこの地域を開拓したダンブリ長者の奇蹟を讃え、建立されたことに始まるとされる。また、長者の娘は、継体天皇の后として仕えたものの、亡くなった後、遺言にて、郷里の地への埋葬を重んじていたことから、その御霊を慰めるために合祀されたという。その後、奈良時代の僧、行基によって再建されたと伝えられ、江戸時代には南部藩主の帰依を得たと言われる。
所在地 (〒018-5141)秋田県鹿角市八幡平堂の上16
最寄り駅 ●JR花輪線「八幡平」駅より徒歩約3分
その他アクセス −−−−−
電話番号 −−−−−
ポイント
当社の由来にあるダンブリとは、「トンボ」を意味し、かつて、小豆沢に住んでいた貧しい夫婦が農作業の合間に休息を取り、うたた寝をしていたところ、唇の上に、トンボが留まったと言う。その時、トンボの尾には、非常においしい酒の味がしたとされ、そのおいしさに驚いた夫婦は、トンボの後を追い、その酒の源泉を見付け、その酒がどんな病気も治る霊酒として、その後、多いなる富を得たというもので、この地に古くから伝えられる伝承のことを意味する。また、その娘も大層美しく、継体天皇の妃となったことから、ことの地に伝わる成功物語のひとつとして、代々語り継がれ、ダンブリ(とんぼ)の導きを神格化した話とされる。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連 東條ブログでの紹介
MAP(地図)
イベントスケジュール
1月2日例大祭
その他イメージ
入り口
ユーザーコメント