神社人メインタイトル
 
10640社
サイト内検索

潮田神社

潮田神社
潮田神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 国常立神/国常立尊(くにのとこたち)
五十猛命(いそたける)
素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
豊受媛神/豊宇気毘売神(とようけびめ)
市杵嶋姫命(いちきしまひめ)
※[同類]辨財天(べんざいてん)
岐久理比売命/ 菊理姫命(くくりひめ)
※[別称]白山比神
品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけ)
※[別名]応神天皇(おうじんてんのう)
菅原道真公(すがわらのみちざね)
ご祭神について 国常立神:始源神・根源神・元神(神世七代最初の神)
五十猛命:林業の神、建築業の神、造船業の神、水の神様、浮宝(船)の神、軍神の頭領神
素盞鳴尊:嵐/暴風雨の神、厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
豊受媛神:食物・穀物を司る女神
市杵嶋姫大神:スサノオの御子神、水・芸能の神、学業の神
菊理姫命:平和/家内安全の神、口利き/仲裁→縁結びの神、シャーマンの女神
品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
※[八幡神]農耕神、海の神
菅原道真公:学問の神、雷神
ご利益 殖産振興、厄除、除災招福、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全、良縁祈願、商談成功、出世開運、武運長久、合格祈願、学業成就、五穀豊穣、雷除け 他
[業種対応]林業/建築業/造船業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 言い伝えによれば、景行天皇40年(110年)に、日本武尊が東夷征伐の航海の途中、旧西潮田村海岸近くの古杉老松の森に小祠を建て、国常立尊、豊雲野命、国狭槌命を奉斎し、征途の無事案内を祈願したことに始まると伝えられる。
所在地 (〒230-0041)神奈川県横浜市鶴見区潮田町3-131-3
最寄り駅 ●JR鶴見線「弁天橋」駅より徒歩約14分
その他アクセス −−−−−
電話番号 045-511-5596
ポイント
−−−−−
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
1月1日歳旦祭
2月節分節分祭
2月午の日初午祭
6月第一金土日例大祭
6月30日夏越大祓
11月酉の日酉の市祭
12月31日年越大祓
その他イメージ
正面鳥居前
境内社(潮田稲荷社)
ユーザーコメント