神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

山内神社

山内神社
山内神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 厳敏鎌輪瓊命(いつとしかまわにのみこと)
※[別名]山内与右衛門久元公(やまうちよえもんひさのぶ)
ご祭神について 山内与右衛門久元公:初代土佐藩主山内一豊の甥(弟の子)、事実無根の冤罪で切腹を余儀なくされた不遇の忠臣
ご利益 地域振興 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 文化11年(1814年)
由緒 享保18年(1733年)12月5日、松山藩に飢饉が続き、お家騒動が起こった際、忠臣の山内与右衛門久元が忠臣を尽くしたが、逆臣の奸計にあい、冤死を遂げる。しかし、その後、冤罪ははれ、寛保年間に、再度にわたって奇端を表わし主家の危難を救ったとされ、文化11年(1814年)に神社となったとされる。ただ、昭和20年には、戦災により社殿を一度焼失している。
所在地 (〒790-0062)愛媛県松山市南江戸5-1506
最寄り駅 ●伊予鉄道大手町線「宮田町」駅より徒歩約14分
その他アクセス −−−−−
電話番号 −−−−−
ポイント
−−−−−
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
4月23日例大祭
その他イメージ
ユーザーコメント