神社人メインタイトル
 
10947社
サイト内検索

岡崎八幡宮

岡崎八幡宮
岡崎八幡宮
基本データ
旧社格など県社
総本社 宇佐八幡宮(大分県宇佐市)
ご祭神 玉依姫命/玉依姫尊(たまよりびめ)
日女命(ひめみこと)
姫大神/比売大神(ひめのおおかみ)
品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけ)
※[別名]応神天皇(おうじんてんのう)
大帯比売命(おおたらしひめ)
※[別名]息長帯比売命(おきながたらしひめ)
※[別名]神功皇后(じんぐうこうごう)
足仲彦尊(たらしなかつひこ)
※[別名]仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
ご祭神について 玉依姫尊:綿津見大神(わだつみ)の子/トヨタマビメ(豊玉毘売)の妹、神武天皇の母神
日女命:卑弥呼と同一とも伝えられる宇那比姫命(うなびひめ)と同義とされる
比売大神:主祭神の妻や娘、宗像三神の説もあり
品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
※[八幡神]農耕神、海の神
神功皇后:仲哀天皇の皇后/応神天皇の母
仲哀天皇:第14代天皇、武の神
ご利益 金運上昇、開運招福、商売繁盛、安産祈願、学業成就、合格祈願、交通安全、厄除け、恋愛成就、出世開運、武運長久 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 宝亀元年(770年)
由緒 神功皇后海が三韓征伐の際、当地の楠の大木を切って48艘の軍船をこの里人に造らせたといい、これによりこの地を舟木という。その後、宝亀元年(770年)に、光仁天皇の勅使とし宇佐八幡宮に向かった和気清麻呂が帰路この地に分霊を祭ったことに始まると伝えられる。
所在地 (〒757-0216)山口県宇部市船木395
最寄り駅 ●JR山陽本線「厚東」駅より徒歩約54分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0836-67-0071
ポイント
当社は、清酒を醸造する免許を持った、全国でも4社しかない神社の一つとされる。
当社では、境内社として、
1.[祇園社]
2.[櫛祖神社]
3.[生目八幡宮]
などを祀っている。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
10月18日例祭
その他イメージ