神社人メインタイトル
 
10659社
サイト内検索

今戸神社

今戸神社
今戸神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 宇佐八幡宮(大分県宇佐市)
ご祭神 品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけ)
※[別名]応神天皇(おうじんてんのう)
伊弉諾尊/伊邪那岐命(いざなぎ)
伊弉冉尊/伊邪那美命(いざなみ)
福禄寿(ふくろくじゅ)
ご祭神について 品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
※[八幡神]農耕神、海の神
伊邪那岐命/伊邪那美命:夫婦婚姻の神、子授安産の神
ご利益 合格祈願、学業成就、就職祈願、縁結び、家内安全、商売繁盛、交通安全、旅行安全、病気平癒、安産祈願、心願成就、出世開運、武運長久 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 康平6年(1063年)
由緒 後冷泉天皇康平6年(1063年)、時の奥羽鎮守府将軍伊豫守源頼義・義家父子が、勅令によって奥州の夷賊安部貞任・宗任の討伐の折、篤く祈願し、鎌倉の鶴ヶ岡と浅草今之津(現在の今戸)とに京都の石清水八幡を勧請したことに始まる。昭和12年7月には、今戸の隣地に鎮座されていた白山神社を合祀、社名が今戸神社と改称され、現在に至る。
所在地 (〒111-0024)東京都台東区今戸1-5-22
最寄り駅 ●東武伊勢崎線「浅草」駅から徒歩約15分
●地下鉄銀座/都営浅草線「浅草」駅から徒歩約16分
その他アクセス −−−−−
電話番号 03-3872-2703
ポイント
招き猫はここ今戸の地で16世紀から焼かれていた今戸焼が始まりとされる。そして、今戸焼発祥の地を冠する石碑が境内にあり、なで猫も建立されている。
当社では、「縁結び会」とし(参加費6,000円)、ご縁の場を提供している。
当社では、縁結びとご縁を結びつけた御守りを複数取り扱っている。
当社は、美人姉妹が神職を務めるということで、一部に有名であり、辺見えみりもご縁を求め、ご祈祷に来たことがあるという。
当社では、沖田総司の治療にあたっていた松本良順の居住跡として、当地で没したとして、その石碑を置いている。
ご朱印対応 不明
公式HP http://www.tctv.ne.jp/imado-8/T1.htm
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
縁結び絵馬
沖田総司終焉の碑
ユーザーコメント