神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 神籬

神籬(ひもろぎ)

神さまを迎え入れるための仮設の依り代のこと。

通例、青竹などで四方を囲み、注連縄(しめなわ)を張り巡らし、中央に榊(さかき)を立てて幣(へい)を取り付けたもので、今では、八脚台を用いて、同様に榊の枝を立てて祀ることが多い。これも、社殿が用いられる以前は、神さまは至るところにいると考えられたためで、神籬を設置することで、どこでも神さまは、現れると考えられていた。今では、地鎮祭が、この形式に最も近いとされるが、正月に飾る門松もこの神籬の一種とも言われる。