神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 初穂料

初穂料(はつほりょう)

神社に納める金額のこと。

元々は、祭祀の対価として、金銭的価値に代わる供物を納めていたものが、いわゆる初穂(神に献じる熟した稲穂)で、それがその年収穫された農産物、海産物に変わり、現在の金銭に取って代わったその名残の表現になる。現在も、お守りや神札を受けたり、ご祈祷をお願いする際など、神社に直接納める(支払う)金額は、皆、初穂料と表される。