神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 依代

依代/憑代(よりしろ)

神霊が招き寄せられて乗り移った対象物。いわゆる、ご神体や神域を指し、主に樹木や岩石、人形などの有体物を、神が宿ったものの代わりとして祀る。別称、かたしろ。

もともと、神道の根底は、自然崇拝であり、その信仰対象を擬人化したような偶像を祀る発想がなく、自然物そのものをその拠り所として宿った霊的存在として、敬うことが多い。そして、遠く、雄大な神々の存在をより身近なものに具象化することで、信仰を高めている。