神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 茅の輪くぐり

茅の輪(ちのわ)くぐり

茅(かや)草・チガヤで作られた大きな輪をくぐると疫病や罪が祓われるとされ、神社によって、その時期は異なりますが、よく夏入りの時期(6月下旬頃〜7月)や年末に、夏越大祓(なごしのはらえ)や年越の大祓として、境内の入り口に設置されます。具体的には、最初にくぐった後、左外回りで入り口に戻り、再度、くぐった後、右外回りでもう一度、入り口に戻り、最後に、入り口を抜け、計3回くぐり「∞」の字を描くように進むことで成立します。

※千茅(ちがや)神事と呼ぶところもある。