神社人メインタイトル
 
10621社
サイト内検索

龍口明神社(元宮)

龍口明神社(元宮)
龍口明神社(元宮)
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 玉依姫尊(たまよりびめ)
五頭龍大神(ごづりゅう)
ご祭神について 玉依姫尊:綿津見大神(わだつみ)の子/トヨタマビメ(豊玉毘売)の妹、神武天皇の母神、ウガヤフキアエズの妃神
五頭龍大神:深沢に当時あった湖にすんでいたといわれる竜
ご利益 海上交通、海外防護、豊漁祈願、商売繁盛 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 宣化天皇3年(538年)
由緒 元々、宣化天皇3年(538年)に、海神族の祖先となる玉依姫命を龍神として祀ったことに始まるとされるが、欽明天皇18年(557年)にも、江ノ島弁財天の霊感に降伏した五頭龍を祀ったのがその始まりという説もあり、その創建には諸説用いられる。ただ、いずれにせよ、当社は、鎌倉最古の古社のひとつであり、現在は、鎌倉市腰越に遷座(龍口明神社)しているが、元々、龍口寺の西隣にあり、当社はその元の地に残されている社であり、津村の飛び地として扱われ、今なお参拝できるよう残されている。
所在地 (〒248-0032)神奈川県鎌倉市津1
最寄り駅 ●湘南モノレール江の島線「湘南江の島」駅より徒歩約1分[1]
その他アクセス −−−−−
電話番号 −−−−−
ポイント
当地は、鎌倉時代には刑場として使用された時期もあったという。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
正面鳥居前
境内参道
ユーザーコメント