神社人メインタイトル
 
10621社
サイト内検索

大神神社(三輪神社)

大神神社(三輪神社)
大神神社(三輪神社)
基本データ
旧社格式内社(名神大)・大和国一宮・二十二社(中七社)・官幣大社・別表神社
総本社 地域山岳信仰発祥(三輪山):
大神神社(奈良県桜井市)
ご祭神 大物主神(おおものぬしのかみ)
※[同類]大国主命の和魂
大己貴命/大穴牟遅神(おおなむち)
※[別名]大国主命(おおくにぬし)
少彦名命/少毘古那神(すくなひこな)
ご祭神について 大物主神:蛇神、水神、雷神、稲作豊穣の神、疫病除けの神、酒造り(醸造)の神、国の守護神
大己貴命:国造りの神、農業神、商業神、医療神
少彦名命:醸造の神、高皇産霊神の子、協力神、常世の神、医薬・石・穀物霊
ご利益 国家守護、交通安全、家内安全、健康長寿、商売繁盛、出世開運、良縁祈願、病気平癒、起業成就 他
[対応業種]酒造業/医療業/温泉業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 神代、大己貴神が、自らの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)を三輪山にお鎮めになり、大物主神の御名をもってお祀したとされ、崇神天皇7年(紀元前91年)に天皇が、物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、三輪氏の祖である大田田根子を祭祀主として大物主神を祀らせたのが直接的な始まりとされる。
所在地 (〒633-8538)奈良県桜井市三輪1422
最寄り駅 ●JR桜井線「三輪」駅より徒歩約9分
その他アクセス −−−−−
電話番号 07444-2-6633
ポイント
当社は、日本国内で最も古い神社のうちの1つであると考えられている。
当社は、三輪山をご神体とするため本殿がない。そのため、拝殿の奥にある三ッ鳥居を通し三輪山を拝するという、古代の信仰のかたちがそのまま継承されている。
当社は、全国の大神神社・神神社(美和神社)の総本社的存在となる。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.oomiwa.or.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
4月9日例大祭
その他イメージ
大鳥居
入り口
ユーザーコメント