神社人メインタイトル
 
10735社
サイト内検索

駒形神社

駒形神社
駒形神社
基本データ
旧社格式内社(小)・国幣小社・別表神社・陸中国新一宮
総本社 駒形神社(岩手県奥州市)
ご祭神 駒形大神(こまがたのおおかみ):
−天照大神(あまてらすおおかみ)
−天之常立神/天常立尊(あめのとこたち)
−国狭槌尊/国狭土命(くにのさつち)
−吾勝尊(あかつ)
※[別称]天忍穂耳命(あめのおしほみみ)
−置瀬尊(おきせ)
※[別称]天之杵火火置瀬尊(あまのきほほおきせ)
※[別称]瓊々杵尊(ににぎ)※[別称]彦火瓊瓊杵命
−彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
※[通称]山幸彦(やまさちひこ)
※[別称]火遠理命(ほおりのみこと)
※[別記]天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ)、日子穂穂手見命(ひこほほでみ)、虚空津日高(そらつひこ)
ご祭神について 駒形大神:以下6神から構成
天照大神:皇祖神のひとつ、太陽の神
天之常立神:別天津神五柱の最後の神、国造りの神
国狭槌尊:神世七代2番目の神(日本書紀)、土の神、田畑の大地を司る神、低い山を司る神
天忍穂耳命:ニニギの父神、稲穂の神、農業神、アマテラスとスサノオの誓約で生まれた神1
瓊々杵尊:農業の神/平和と繁栄をもたらす神、日向三代のひとつ[1]
彦火火出見尊:神武天皇の祖父、ホデリ(海幸彦)の弟
ご利益 産業開発、交通安全、必勝祈願、五穀豊穣、方位除け、家内安全 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 元々、4世紀頃、関東地方を中心に毛野(けぬ)氏族が台頭し、北方方面に勢力を拡大していった。そして、その先々で、形のいい休火山を選び、駒ヶ岳と称し、駒形大神を奉祀していったという。当社は、そのひとつが元とされ、雄略天皇21年に、京都の籠神社から宇賀御魂神を勧請して奥宮へ祀り、里宮に大宜津比売神と事代主神を配祀したとしているが、諸説あり、具体的な創建時期などは定かとなっていない。
所在地 (〒023-0857)岩手県奥州市水沢区中上野町1-83
最寄り駅 ●JR東北本線「仙北町」駅より徒歩約12分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0197-23-2851
ポイント
当社は、奥宮を胆沢郡金ヶ崎町西根駒ケ岳に、里宮を胆沢郡金ヶ崎町西根雛子沢13にそれぞれ列している。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.rnac.ne.jp/~komagata/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
9月19日例大祭
その他イメージ
神門
鳥居前
ユーザーコメント