神社人メインタイトル
 
10640社
サイト内検索

虎ノ門金刀比羅宮

虎ノ門金刀比羅宮
虎ノ門金刀比羅宮
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 地方山岳信仰発祥(象頭山):
金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)
ご祭神 大物主神(おおものぬしのかみ)
※[同類]大国主命の和魂
崇徳天皇(すとくてんのう)
ご祭神について 大物主神:蛇神、水神、雷神、稲作豊穣の神、疫病除けの神、酒造り(醸造)の神、国の守護神
崇徳天皇:第75代天皇、不遇の天皇、怨霊伝説で有名な天皇
ご利益 海上守護、大漁満足、五穀豊穣、殖産興業、招福除災、縁切り 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 万治3年(1660年)
由緒 当宮は万治3年(1660年)に讃岐国丸亀初代藩主であった京極高和(きょうごくたかかず)が、その藩領内である象頭山に鎮座する、金刀比羅宮(本宮)の御分霊を当時藩邸があった芝・三田の地に勧請したことに始まる。そして、延宝7年(1679年)には、2代目藩主となる京極高豊(きょうごくたかとよ)の代に現在の虎ノ門(江戸城の裏鬼門にあたる)に遷座したという。それ以降、江戸市民の熱烈なる要請に応え、毎月10日に限り邸内を開き、参拝を許可することとなったという。当時は“金毘羅大権現”と称されていましたが、明治2年(1869年)に、神仏分離の神祇官の沙汰により事比羅神社に、明治22年(1889年)には金刀比羅宮に社号を改称し現在に至る。
所在地 (〒105-0001)東京都港区虎ノ門1-2-7
最寄り駅 ●地下鉄銀座線「虎ノ門」駅より徒歩約4分[9]
●地下鉄三田線「内幸町」駅より徒歩約6分[A3]
●地下鉄丸ノ内/日比谷/千代田線「霞ケ関」駅より徒歩約6分[C2]
その他アクセス −−−−−
電話番号 03-3501-9355
ポイント
境内には、末社として、喜代住稲荷神社、産日神社を祀る。
境内の百度石は、港区文化財総合目録に登録されている。
境内の銅鳥居は、四神の彫刻が施されている大変珍しいものとなっており(四神:東は青龍、西は白虎、南は朱雀、北は玄武が守る霊鳥霊獣)、こちらも港区指定有形文化財・建造物に登録されている。
当社では、酒・タバコ・賭け事を御神前にてお誓いをして断つというご祈願もある。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.kotohira.or.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
1月1日歳旦祭
1月9日初こんぴら前日祭
1月10日初こんぴら祭
2月3日節分 追儺 ( ついな ) 祭
2月10日紀元祭
2月20日祈年祭/喜代住稲荷神社大祭
6月30日夏越 ( なごし ) 大祓式・道饗祭
10月9日大祭前日祭
10月10日大祭
11月20日新嘗祭
12月20日天長祭
12月31日年越 大祓式・鎮火祭・除夜祭
その他イメージ
文化財に登録されている鳥居
手水舎 神楽殿
外観社号標
産日神社喜代住稲荷神社
ユーザーコメント