神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
基本データ
旧社格式内社(名神大社)・二十二社(上七社)・官幣大社・単立神社
総本社 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)
ご祭神 [下社・中央座]宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
[中社・北座]佐田彦之神(さたひこ)
[上社・南座]大宮能売神/大宮売神/大宮女神(おおみやのめ)
※[別記]大宮姫命/大宮比売命(おおみやひめ)
[下社摂社・最北座]田中大神(たなかのおおかみ)
[中社摂社・最南座]四大神(しのおおかみ)
ご祭神について 宇迦之御魂神:生産の神/五穀豊穣の神
佐田彦之神:地の神
大宮能売神:宇迦之御魂神を祀る巫女、百貨店の神、市場の産業に繁栄をもたらす市神、愛嬌の神、太玉命の御子神(古語拾遺)
田中大神:五穀豊穣の神、大己貴神と同一説あり
四大神:諸説あり
※四柱説:五十猛命・大家姫・柧津姫・事八十神
ご利益 商売繁盛、五穀豊穣 他
[対応業種]百貨店/市場関係
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 和銅4年(711年)
由緒 和銅年間(708〜715年)、当時、裕福であった秦伊呂具(いろこのはたのきみ)は、ある日、こともあろうに、餅を的に矢を射てしまう。すると、たちどこに、餅は白鳥となり伊奈利(稲荷山)三ヶ峰の方角に飛翔し、子を産み社となったと伝えれ、この日から、秦氏に衰えが見えはじめたため、秦伊呂具は和銅4年(711年)に伊奈利(稲荷)三ヶ峰の平なところに稲荷神を祀ったとされ、これが大社の始まりとされる。
所在地 (〒612-0882)京都府京都市伏見区深草藪之内町68
最寄り駅 ●JR奈良線「稲荷」駅より徒歩約5分
その他アクセス −−−−−
電話番号 075-641-7331
ポイント
当社は、全国に30,000社あるといわれる稲荷神社の総本社となる。
当社は、金運上昇のパワースポットとしては最強との説もある。
ご朱印対応 あり
公式HP http://inari.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
5月3日例大祭
その他イメージ
楼門
御神水
千本鳥居
奥社
ユーザーコメント