神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

御胎内神社

御胎内神社
御胎内神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 木花開耶姫命(このはなのさくやびめ)
※[別称]木花咲耶姫命
猿田彦神(さるたひこ)
ご祭神について 木花開耶姫命:水の神/安産・子育ての神/美の神、花の女神※富士山を抑える役目を果たしていたとされる
猿田彦神:道と境界を守る神(道祖神)、交通安全の神
ご利益 安産祈願、子授かり、交通安全、方災解除、開運招福 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 富士山が噴火した際に生じた溶岩隧道の一種があり、人体の内部に似ているところから「御胎内」と称され、祀られたとする。
所在地 (〒412-0008)静岡県御殿場市印野1362-1(御胎内清宏園内)
最寄り駅 ●JR御殿場線「南御殿場」駅より徒歩約96分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0550-89-4398
ポイント
当社の「御胎内」と呼ばれる洞窟は、国指定天然記念物に指定されている。
「御胎内」には、ロウソクや懐中電灯を片手に真っ暗闇の洞窟の中へ入ることができる。中には、安産夫婦岩などがある。因みに、入園料に150円かかる。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
御胎内洞窟入り口
境内鳥居
境内夫婦岩
洞窟内本殿
母の肋骨
ユーザーコメント