神社人メインタイトル
 
10648社
サイト内検索

綿津見神社

綿津見神社
綿津見神社
基本データ
旧社格郷社・式内社(苕野神社の論社のひとつ)
総本社 −−−−−
ご祭神 大綿津見神(おおわたつみのかみ)
※[同義]綿津見三神:
−上津綿津見神(うわつわたつみのかみ)
−中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)
−底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)
五十猛命(いそたける/いたける)
大屋比売神/大屋津姫命(おおやつひめ)
抓津比売神/抓津姫命(つまつひめ)
闇龗神/闇淤加美神(くらおかみ)
玉依姫尊(たまよりびめのみこと)
鎌倉権五郎景政霊(かまくらげんごろうかげまさ)
※[別記]鎌倉権五郎(かまくらごんごろう)
※[別記]鎌倉景政(かまくらかげまさ)
※[別記]平景政(たいらのかげまさ)
ご祭神について 大綿津見神:海の守護神
五十猛命:林業の神、建築業の神、造船業の神、水の神様、浮宝(船)の神、軍神の頭領神
大屋津姫命:須佐之男神の御子神・五十猛命の妹・抓津姫命の姉にあたる神、樹木を司る神、林業や建築業の神
抓津姫命:須佐之男神の御子神・五十猛神と大屋津姫命の妹にあたる神、木造建築などの女神
闇龗神:渓谷の龍神、雨を司る竜神、雨乞い・止雨の神、農業の神、高龗神の対の神とも言われる
玉依姫尊:綿津見大神(わだつみ)の子/トヨタマビメ(豊玉毘売)の妹、神武天皇の母神、ウガヤフキアエズの妃神
鎌倉景政:平安時代後期の武将、相模国鎌倉の領主、後三年の役で右目を射たれながらも奮闘した勇将、関東平氏五家(鎌倉氏・梶原氏・村岡氏・長尾氏・大庭氏)のひとつ
※旧鎌倉郡(現在の栄区・戸塚区・泉区・瀬谷区)の御霊神社の多くで祀られる。
ご利益 海上守護、漁業繁栄、交通安全 他
[業種対応]林業/建築業/造船業/繊維業/衣料業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 大同2年(806年)
由緒 大同2年(806年)に、元々、くさ野神社として創建されたことに始まるとされる。
所在地 (〒960-1801)福島県相馬郡飯舘村草野字宮内156
最寄り駅 −−−−−
その他アクセス −−−−−
電話番号 0244-42-0108
ポイント
−−−−−
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
境内社(雷神社)
本殿
ユーザーコメント