神社人メインタイトル
 
10659社
サイト内検索

甘樫坐神社

甘樫坐神社
甘樫坐神社
基本データ
旧社格式内社(大)・村社
総本社 −−−−−
ご祭神 推古天皇(すいこてんのう)
[相殿]八幡神(はちまんしん)
※[同義]品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけ)
※[別名]応神天皇(おうじんてんのう)
[相殿]春日神(かすがしん)
※[同義]天児屋根命(あめのこやね)
[相殿]天照大神(あまてらすおおかみ)
[相殿]八咫烏神(やたのからす)
[相殿]住吉大明神(すみよしだいみょうじん)
※[別記]住吉三神(すみよしさんじん):
−底筒之男命(そこつつのお)
−中筒之男命(なかつつのお)
−表筒之男命(うわつつのお)
[相殿]熊野権現(くまのごんげん)
ご祭神について 推古天皇:第33代天皇、女帝
−品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
※[八幡神]農耕神、海の神
−天児屋根命:祝詞の神、出世の神
※中臣連の祖(中臣鎌足を祖とする藤原氏の氏神)
−天照大神:皇祖神のひとつ、太陽の神
−八咫烏神:神武天皇の元に使わされた神使
−住吉三神:海の神、航海の神
−熊野権現;熊野三山に祀られる神
ご利益 出世開運、武運長久、所願成就、交通安全 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 当社の創建時期は不明となるが、武内宿禰が創建したとされ、元々、八十禍津日神・大禍津日神・神直日神・大直日神を祀る神社であったが、江戸時代以降に、現在の主祭神となる推古天皇が祀られるようになり、現在に至る。
所在地 (〒634-0107)奈良県高市郡明日香村豊浦626
最寄り駅 ●近鉄南大阪線/吉野線/橿原線「橿原神宮前」駅より徒歩約23分[東出口]
その他アクセス −−−−−
電話番号 0744-54-2362
ポイント
本殿の建築様式:春日造
ご朱印対応 なし
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
9月18日例祭
その他イメージ
本殿
立石
ユーザーコメント