神社人メインタイトル
 
10947社
サイト内検索

松山神社

松山神社
松山神社
基本データ
旧社格など−−−−−
総本社 北野天満宮(京都府京都市上京区)
太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
ご祭神 菅原道真公(すがわらのみちざね)
[相殿]天照大神(あまてらすおおかみ)
[相殿]春日神(かすがのかみ):
−武甕槌神(たけみかづち)
−経津主神(ふつぬし)
−天児屋根命(あめのこやね)
−姫大神〔ひめのおおかみ)
[相殿]住吉三神(すみよしさんじん):
−底筒之男命(そこつつのお)
−中筒之男命(なかつつのお)
−表筒之男命(うわつつのお)
ご祭神について 菅原道真公:学問の神、雷神
天照大神:皇祖神のひとつ、太陽の神
武甕槌神:雷神、刀剣の神、弓術の神、武神、軍神、武道・競技の必勝、事業の創始、旅行安全の神
経津主神:刀剣の威力を神格化した神、海上守護・国家鎮護の神
天児屋根命:祝詞の神、出世の神
※中臣連の祖(中臣鎌足を祖とする藤原氏の氏神)
住吉三神:海の神、航海の神
ご利益 合格祈願、学業成就、五穀豊穣、雷除け、所願成就、勝利祈願、出世開運、国家鎮護、海上守護、交通安全、恋愛成就、航海安全、水難守護 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 当社は元々、「小松天満宮」と称したといい、延喜元年(901年)に、菅原道真公が、太宰府の配所に流されることになった際、淀川を下って難波入江の口に差しかかったという。そして、数千株の小松が生い茂る中島の景観に感動され、傍わらの石に腰掛けて、「小松の詩」を吟じられ、直筆の御真像を里人に与えたので、後に神祠を建て、村を小松村と呼び、氏神として崇めたのが始まりという。
所在地 (〒533-0004)大阪府大阪市東淀川区小松4-15-38
最寄り駅 ●大阪市営地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅より徒歩約9分[2]
その他アクセス −−−−−
電話番号 06-6328-3875
ポイント
−−−−−
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
10月25日例祭
その他イメージ
正面
本殿