神社人メインタイトル
 
10659社
サイト内検索

談山神社

談山神社
談山神社
基本データ
旧社格別格官幣社・別表神社
総本社 談山神社(奈良県桜井市)
ご祭神 藤原鎌足公(ふじはらのかまたりこう)
ご祭神について 藤原鎌足公:藤原氏の祖
ご利益 出世開運、殖産振興 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 天武天皇7年(678年)
由緒 社伝によると、当社裏山にて、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌子(後の藤原鎌足)は、藤の花の盛りの頃、鞍作(蘇我入鹿)を討つ談合をしたという。その後,その計画は実行にうつされ、大化の改新を迎えた。そのために当地を談峰、談い山(かたらいやま)、談所が森と呼ぶようになったという。そして、藤原氏の祖である藤原鎌足の死後、天武天皇7年(678年)に、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地から大和のこの地に移し、十三重塔を造立したことに始まるとされる。このため、当社は、「大化の改新」ゆかりの地とも呼ばれる。
所在地 (〒633-0032)奈良県桜井市大字多武峰319
最寄り駅 ●JR桜井線/近鉄大阪線「桜井」駅より徒歩約91分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0744-49-0001
ポイント
本殿の建築様式:春日造
談山神社から御破裂山への山道があり、その奥に藤原鎌足の墓所といわれる陵がある。
当社から、少し歩いたところに藤原鎌足の次男、淡海公(藤原不比等)の墓といわれる石塔がある。
当社では、拝観料として、大人500円、中学生以上の子供250円の拝観料が必要となる。受付時間は、8:30〜16:30(最終受付)となるので、注意が必要。
当社は、全国の多武峯神社の総本社となる。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.tanzan.or.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
11月17日例祭
その他イメージ
正面鳥居前
十三重塔
境内社(恋神社)
ユーザーコメント