神社人メインタイトル
 
10895社
サイト内検索

須賀神社・交通神社

須賀神社・交通神社
須賀神社・交通神社
基本データ
旧社格など−−−−−
総本社 須我神社(島根県雲南市)
ご祭神 [須賀神社]
−素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
=須賀大神
−奇稲田姫命/櫛稲田姫命(くしなだひめ)
[交通神社]
−八衢比古命/八街比古命(やちまたひこ)
※[同義]岐の神(ちまたのかみ)
※[同義]辻の神(つじのかみ)
−八衢比売命/八街比売命(やちまたひめ)
−久那止神/岐神(くなど)
ご祭神について 素盞鳴尊:嵐/暴風雨の神、厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
奇稲田姫命:稲田の女神 ※スサノオ神の妻/オオクニヌシの母
=一組みの夫婦神:良縁祈願、恋愛成就
岐神:伊弉諾尊が黄泉の国から逃げ帰る時に投げ捨てた杖から生じた神、東国開拓の時、出雲の国から東国に武甕槌神を先導した神、道路の分岐点を示す神、種々の邪霊・禍災の侵入を防ぐ神、除厄招福の神、道祖神
八衢比古命/八衢比売命:疫病・災害などをもたらす悪神・悪霊が聚落に入るのを防ぐ神、道路の分岐・交叉を司る神、交通安全の神
ご利益 厄除、除災招福、恋愛成就、良縁祈願、商売繁盛、交通安全、旅行安全 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 貞観11年(869年)
由緒 当社は元々、貞観11年(869年)に須賀神社が現在の平安神宮付近に建立されたことに始まる。しかし、度重なる戦火を受け、数々の遷座を繰り返した後、大正13(1924年)、現在地に社殿が建てられたという。また、元々、配祀されていた神を昭和39(1964)年に、別に祀り、これを交通神社とした。
所在地 (〒606-8323)京都府京都市左京区聖護院円頓美町1
最寄り駅 ●京阪電気鉄道鴨東線「神宮丸太町」駅より徒歩約11分
その他アクセス −−−−−
電話番号 075-771-1178
ポイント
当社では、節分祭の時に、懸想文(けそうぶみ=ラブレター)売りが登場する。これも平安時代に貴族が小遣い稼ぎにラブレターの代筆をしていたことに由来し、売り子自身も顔を隠しており、ここで受けた懸想文を鏡台やタンスに入れておくと、容姿に優れ、良縁が舞い込むとされるという。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
2月2-3日節分祭
その他イメージ
正面鳥居前
境内社