神社人メインタイトル
 
10925社
サイト内検索

菅大臣神社

菅大臣神社
菅大臣神社
基本データ
旧社格など府社
総本社 北野天満宮(京都府京都市上京区)
太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
ご祭神 菅原道真公(すがわらのみちざね)
尼神(あまがみ)
大己貴命(おおなむち)※[別称]大国主命
ご祭神について 菅原道真公:学問の神、雷神
大己貴命:国造りの神、農業神、商業神、医療神
ご利益 合格祈願、学業成就、五穀豊穣、雷除け 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 平安時代
由緒 この地は約1000年前の菅原道真(849〜903)の邸宅があり、紅梅殿・白梅殿や菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所の跡地となっている。そのため、道真誕生の地とも伝えられ、境内には産湯に使ったという井戸が保存(菅原院天満宮神社にもあり)されている。その後、道真没後、すぐに(平安時代)当社が建立されたとされるが、詳しい年代は不明となっている。度々兵火で鎌倉期には南北両社に別れ、南社(菅大臣神社)を白梅殿社と称し、北社を紅梅殿社と呼んでいたが次第に衰退。応仁の乱(1467)後の慶長19年(1614)に菅家ゆかりの曼殊院宮良恕法親王により再興された。その後も天明の大火(1788)・禁門の変(1864)で再度焼失しているがその都度再興されて現在に至る。
所在地 (〒600-8444)京都府京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町189
最寄り駅 ●京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅より徒歩約7分
●阪急電鉄京都本線「烏丸」駅より徒歩約8分
その他アクセス −−−−−
電話番号 075-351-6389
ポイント
当社は、天神信仰発祥の神社と言われ、、菅家(菅原氏)の邸宅地で、菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所の跡地となっている。
当社では、摂社として、
1.火雷神(からいじん)[火御子社]
2.島田忠臣(しまだのただおき)[老松社]
3.渡会春彦(わたらいはるひこ)[白太夫社]
4.十川能福(そどうののうふく)[福部社]
を、そして、末社として、
5.倉稻魂神(うかのみたまのかみ)[春崎稲荷社]
6.同上[三玉稲荷社]
を祀っている。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
正面鳥居前
境内社1
境内社2
撫で牛像
境内社:稲荷神社