神社人メインタイトル
 
10887社
サイト内検索

安井金比羅宮

安井金比羅宮
安井金比羅宮
基本データ
旧社格など郷社
総本社 金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)
ご祭神 崇徳天皇(すとくてんのう)
大物主神(おおものぬしのかみ)
※[同類]大国主命の和魂
源頼政(みなもとのよりまさ)
ご祭神について 崇徳天皇:第75代天皇、不遇の天皇、怨霊伝説で有名な天皇
大物主神:蛇神、水神、雷神、稲作豊穣の神、疫病除けの神、酒造り(醸造)の神、国の守護神
源頼政:平安時代末期の武将・歌人、平氏政権下での源氏の長老、鵺(ぬえ)退治(平家物語)
ご利益 悪縁切り、海上守護、大漁満足、五穀豊穣、殖産興業、招福除災、 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 元禄8年(1695年)
由緒 元々、天智天皇の御代(661年〜672年)に藤原鎌足が創建した藤原氏の寺に始まる。崇徳上皇は、当寺の藤を愛で、堂塔を修造して寵妃烏丸殿を住ませるが、讃岐国に流刑とされ、かの地で崩御されてしまう。寵妃烏丸殿は、その後も住み続け、崇徳天皇を祀り続けたという。その後、治承元年(1177年)、大円法師が御堂に参篭したところ崇徳帝が現れたため、後白河法王の詔により光明院観勝寺を創建したという。そして、元禄8年(1695年)に、 蓮華光院が当地に移建された時に、その鎮守として崇徳天皇に加えて、讃岐金刀比羅宮より勧請した大物主神と、源頼政を祀り、現在の形となった。その後、明治の神仏分離令によって、神社となり、現在の名称となった。
所在地 (〒605-0823)京都府京都市東山区下弁天町70
最寄り駅 ●京阪電気鉄道京阪本線「祇園四条」駅より徒歩約7分[1]
その他アクセス −−−−−
電話番号 075-561-5127
ポイント
当社は、縁切りの神社として有名で、縁切り縁結び碑や絵馬などが数多く見られる。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.yasui-konpiragu.or.jp/
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
縁切り縁結び碑
拝殿