神社人メインタイトル
 
10659社
サイト内検索

両新田神社

両新田神社
両新田神社
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 −−−−−
ご祭神 新田義宗公(にったよしむね)
脇屋義治公(わきやよしはる)
ご祭神について 新田義宗公:南北朝時代の武将、新田義貞の三男
脇屋義治公:南北朝時代の武将、脇屋義助の子、新田義貞の甥
ご利益 −−−−−
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 南北朝時代、南朝方の忠臣であった新田義貞の三男、義宗と従兄弟の脇屋義治は、北朝方と各地で転戦を繰り返し、湯山の領主得能家にかくまわれ、応永10年(1403年)に共に当地で亡くなったという。その後、得能通義両将の墓辺に小宮を営み、河野通直が二廟を建立し、上新田廟、下新田廟と称え、その後合祀し、両新田神社と改め、現在に至るという。
所在地 (〒791-0132)愛媛県松山市河中町295
最寄り駅 −−−−−
その他アクセス −−−−−
電話番号 089-977-2707
ポイント
境内には、御杖椿、新田椿と呼ばれる椿の大木があり、これは、新田義宗が下向の際に使った椿の杖を土に挿し置き、それから根が出て育った椿で、その巨木は県下一で松山市の指定天然記念物になっている。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
10月7日例祭
その他イメージ
正面
ユーザーコメント