神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 磐座

磐座(いわくら)

神様が降臨する大小さまざまな岩(巨石)のこと。

本来、神道には、現在のような社殿は持っていなかったとされ、社殿を持つようになったのは、仏教の影響と言われる。古来は、深い山々に鎮座する岩に注連縄(しめなわ)を張り巡らし、神さまを出迎えたとされ、もっとも原始的な祭祀を示す場のひとつとなる。もちろん、神籬(ひもろぎ)が、移動式の祭祀場所で、どこの場所でも祀られるのに対し、磐座は、この大岩があるところに限定されるという違いはあるが、本来、両者とも神さまが常駐しているというよりは、都度、祭祀を行うことで、神霊を招き迎えてきたという点では、両者とも共通しており、そうした意味では、現在の依り代に常駐する社殿祭祀とは異なる考え方と言える。