神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 神社の建築様式について
意外と知らない社殿の造り
現在、神社は社殿を持つことが当たり前になっています。これは、仏教の影響によるものではありますが、実際には、その建築様式にも様々なものがあり、これもひとつの見所と言うことができます。先ずは、各部位についてですが、簡単に以下のようなものがあります。
千木(ちぎ)は、淵が縦割りだと男性神、横割りだと女性神を祀るとされますが、必ずしもその通りであるとは限りませんので、ご注意下さい。同じく、設置されている堅魚木(かつおぎ)の数も、偶数が女性神、奇数が男性神と言われることもありますが、これにも例外はあります。
そして、その建築様式ですが、基本、神社の建築は、切妻造(きりづまづくり)と呼ばれるもので、屋根が三角形状に頂上から地上に向かって二つの斜面を形成するもので、日本の家屋における最も代表的なものになります。そして、建物の入り口が異なることで、大きく分けて、二つの様式に大別され、そこから更に、系列別に細分化することができます。

[二大建築様式]
平入り:屋根の面に対して、水平の壁に入り口を持つもの→神明系(伊勢神宮等)
妻入り:屋根の面からみて、横の壁に入り口を持つもの→大社系(出雲大社等)

という訳で、神社の建築様式は、代表として、大きく二つの系統に分かれますが、そこから更に、細分化すると、簡単に以下のようになります。また、参考に屋根の形状に従って、タイプを併記しております。
神明系
神明造[様式]
[特徴]
切妻造平入り/直線型(llタイプ)/白木仕様(塗装なし)
神明造(しんめいづくり)は、伊勢神宮正殿を代表とする建築様式で、古代の倉をもとにしたものとされ、穀物庫、いわゆる高床式倉庫から発展したものと考えられています。屋根には千木と堅魚木を用い、堀立柱を基礎とします。建物としては、奥行きよりも横幅が広いものが多く、直線的な造りとなります。

八幡造[様式]
[特徴]
切妻造平入り/二棟連結型(Mタイプ)
八幡造(はちまんづくり)は、大分県の宇佐八幡宮に代表される建築様式で、建物を前後に繋げたところにその特徴があります。それぞれを前殿(まえどの)・後殿(うしろどの)と称し、中央を相の間(あいのま)と呼びますが、両殿とも本殿扱いとなります。日光東照宮を代表とする権現造は、この八幡造を発展させたものになります。

流造[様式]
[特徴]
切妻造平入り/延長庇型(へタイプ)
流造(ながれづくり)は、京都の上賀茂神社、下鴨神社を代表とする建築様式で、入り口側の庇(ひさし)が、大きく曲線を描きながら延びた屋根を持つのが特徴となっています。この様式は、全国で最もと多いとされます。また、両面とも庇が延びたもので、両流造(りょうながれづくり)と呼ばれるものもあります。

日吉造[様式]
[特徴]
切妻造平入り/四方庇型(八タイプ)
日吉造(ひえづくり)は、滋賀県の日吉大社を代表とする建築様式で、庇(ひさし)が、前後のみならず、左右両脇にも庇がついているのが特徴となっています。ただ、後方の庇は短く、これに似たものに、入母屋造(いりもやづくり)がありますが、これは、後方の庇も長く、寺院に多くみられます。

権現造[様式]
[特徴]
切妻造平入り/二棟連結型(Mタイプ)
権現造(ごんげんづくり)は、栃木県の日光東照宮や京都の北野天満宮を代表とする建築様式で、一見、八幡造と大差がありません。ただし、八幡造は、前後全てが本殿なのに対し、権現造は、後方のみが本殿となります。そして、両殿の連結部を石の間と呼び、床が低いままなのが特徴となっています。
大社系
大社造[様式]
[特徴]
切妻造妻入り/白木仕様(塗装なし)
大社造(たいしゃづくり)は、島根県の出雲大社本殿を代表とする建築様式で、古代の宮殿をもとにしたものとされ、屋根に千木と堅魚木を持ちます。また、形も正方形に近く、古典的な日本家屋の形状に近いともされます。

住吉造[様式]
[特徴]
切妻造妻入り/丹(朱色)塗り
住吉造(すみよしづくり)は、大阪府の住吉大社本殿を代表とする建築様式で、屋根に千木と堅魚木を持ちます。特に、社殿の内部が二室に分かれるのが特徴で、床も若干低くなっております。また、縁がなく、玉垣で覆われているのも特徴となっています。

春日造[様式]
[特徴]
切妻造妻入り/前方庇取付小型
春日造(かすがづくり)は、奈良県の春日大社本殿を代表とする建築様式で、正面に庇を取り付けているのが特徴となっています。また、非常に曲線的で、サイズも非常に小さいこともこの春日造の特徴のひとつとなっており、住吉造と同じく、丹(朱色)塗りされることが多く、縁がないものがこの春日造となります。

以上、代表的な神社の建築様式となりますが、中には、庇(ひさし)が複雑に付け加えられたり、複数の様式を複合したものなのど、一見何れの建築様式なのか分かりにくいものも多々ありますが、先ずは、平入りと妻入りを確認し、各特徴を抑えながら、神社の違いをみるのも非常に面白いものです。
TOPに戻る