神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 束帯

束帯(そくたい)

天皇以下公家の着用する正装(平安装束)のことで、現在では、神職が大祭などで着用する衣装のこと。

その構成としては、内から単(ひとえ)→袙(あこめ)→下襲(したがさね)→半臂(はんぴ)→袍(ほう)と続き(ただし、全てを羽織るとは限らない)、石帯(せきたい)と呼ばれる革製のベルトを腰にあてる。下半身には、袴を履き、足下には、襪(しとうず)、神社では、麻沓(あさぐつ)をはく。頭には冠を被り、手には、笏や檜扇(ひおうぎ)を持つ。

[他関連用語]
狩衣(かりぎぬ)