神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
TOP>> 神社のススメ >> 狩衣

狩衣(かりぎぬ)

天皇以下公家の着用する常装のことで、かつては、これを普段着とし、狩りの時に着用したことからこう呼ばれるようになった。

その構成としては、内から下着の上から狩衣を羽織るだけで、下は、指貫(さしぬき)を履いた。

[他関連用語]
束帯(そくたい)