神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社
富士山本宮浅間大社
基本データ
旧社格式内社(名神大)・駿河国一宮・官幣大社・別表神社
総本社 地元山岳信仰発祥(富士山):
富士山本宮浅間大社(静岡県冨士宮市)
ご祭神 浅間大神(あさまのおおかみ):
木花開耶姫命/木花咲耶姫命(このはなのさくやびめ)
[配祀]彦火瓊瓊杵命(あまつひこほのににぎ)
※[別記]瓊々杵尊(ににぎ)
[配祀]大山祇神/大山積神(おおやまつみ)
ご祭神について 浅間大神:富士山の神霊
=木花開耶姫命:水の神/安産・子育ての神/美の神、花の女神※富士山を抑える役目を果たしていたとされる
瓊々杵尊:農業の神/平和と繁栄をもたらす神、日向三代のひとつ[1]
大山祇神:大山を司る神、山の神の総元締の山神、金運の神
ご利益 産業繁栄、商売繁盛、子授け、安産祈願、子育大願、容姿端麗、厄除け、災難除け、恋愛成就、金運招福 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 垂仁天皇3年(紀元前27年)※伝承上
由緒 第7代孝霊天皇の時代に富士山が噴火し国中が荒れ果ててしまう。その後、11代垂仁天皇が富士山の神霊「浅間大神」を鎮めるために、垂仁天皇3年(紀元前27年)頃に富士山麓にて祀ったのが当社の始まりと伝えられる。
所在地 (〒418-0067)静岡県富士宮市宮町1-1
最寄り駅 ●JR身延線「西富士宮」駅より徒歩約11分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0544-27-2002
ポイント
当社は、東海地方で最古の社となり、全国約1300社ある浅間神社の総本宮(総本社)となり、富士山を神体山としている。
湧玉池は、境内に湧出する富士山からの湧水によってできており、特別天然記念物に指定されている。。
当社の本殿は浅間造と呼ばれる独特の建築様式のもので、徳川家康公によって造営されている。楼門も同じく家康公による。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.fuji-hongu.or.jp/sengen/index.html
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
11月3-5日例祭
その他イメージ
楼門
湧玉池
本殿
鳥居と富士山
ユーザーコメント