神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

日御碕神社

日御碕神社
日御碕神社
基本データ
旧社格式内小社・国幣小社・別表神社
総本社 日御碕神社(島根県出雲市)
ご祭神 [神の宮]素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
[相殿]八王子命(はちおうじのみこと):
1.天忍穂耳命(あめのおしほみみ)
※[別称]正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかあかつかちはやびあめのおしほちみ)
2.天穂日命/天菩日命(あめのほひ)
3.天津日子根命/天津彦根命(あまつひこね)
4.活津日子根命/活津彦根命(いくつひこね)
5.熊野久須毘命/熊野櫲樟日命(くまのくすび)
6-8.宗像三女神(むなかたさんじょじん)
6.多紀理毘売命(たきりびめ/たぎりひめ)
※[別記]田心姫命(たごりひめ)
※[別名]奥津島比売命(おきつしまひめ)
7.市寸島比売命(いちきしまひめ)
※[別名]狭依毘売命(さよりびめ)
※[同義]弁財天(べんざいてん)
8.多岐都比売命/湍津姫(たきつひめ/たぎつひめ)
ご祭神について 素盞鳴尊:厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
天照大神(あまてらすおおかみ)
八王子命:アマテラスがスサノオと誓約した時に生まれた五男(天照大神側)三女(須佐之男命側)の神々のこと。
天忍穂耳命:天照大神の左のみづらにかけられた珠から化生した神、出雲の国譲り一番目に派遣され出雲への降臨を取りやめた神、ニニギの父神、稲穂の神、農業神
天穂日命:天照大神の右のみづらにかけられた珠から化生した神、菅原家の祖神、出雲の国譲り二番目に派遣され大国主命に寝返った神、出雲国造、武蔵国造、土師連の遠祖にあたる神、農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神
天津彦根命:天照大神の首の珠から須佐之男命の左腕に化成した神、多くの氏族の祖神/天皇家に忠誠を誓った氏族
活津彦根命:天照大神の左手にかけられた珠から化成した神、太陽の神、繁栄の神
熊野樟日命:天照大神の右手にかけられた珠から化成した神、火の神、紀州・熊野三山の本源とされる神
宗像三女神:須佐之男命の剣から化成した神、海上守護、航海安全の神、水の女神、財宝の神、学芸/芸能、美の神
ご利益 所願成就、良縁祈願、夫婦円満、家運繁栄、交通安全、安産祈願、殖産興業、厄除、海上安全 他
[対応業種]繊維業/衣料業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 日沈の宮:天暦2年(948年)
神の宮:安寧天皇13年(紀元前536年)
由緒 [日沈の宮]天暦2年(948年)に、村上天皇天の勅命により祀られたことに始まる。
[神の宮]:安寧天皇13年(紀元前536年)に、安寧天皇の勅命により祀られたことに始まる。
現在の社殿は、両宮とも、徳川三代将軍家光公の命で、日光東照宮建立の翌年となる寛永14年(1637年)に、幕府直轄工事として着工され、現在に至る。
所在地 (〒699-0763)島根県出雲市大社町日御碕455
最寄り駅 ●一畑電車大社(いちばたでんしゃたいしゃ)線出雲大社前駅より徒歩約112分
その他アクセス −−−−−
電話番号 0853-54-5261
ポイント
当社は、出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集めている。
当社は、下の本社(日沈の宮:ひしずみのみや)と上の本社(神の宮:かみのみや)の二つより成り立っている。
当社の日沈の宮は、伊勢神宮が、「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社を表す。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
8月7日例大祭
その他イメージ
楼門
日沈宮
神の宮
ユーザーコメント