神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

玉祖神社

玉祖神社
玉祖神社
基本データ
旧社格式内社(名神大)・国幣中社・別表神社・周防国一宮
総本社 玉祖神社(山口県防府市)
ご祭神 玉祖命(たまのおや)
※[別記]櫛明玉神(くしあかるたま)
※[別記]羽明玉(はかるたま)
※[別記]豊玉(とよたま)
※[別記]天明玉(あめのあかるたま)
※[別記]玉屋命(たまのや)
ご祭神について 玉祖命:玉造部(たまつくりべ)の祖神、三種神器の八坂瓊之勾玉の制作神(岩戸隠れの際に八尺瓊勾玉(まがたま)を作った神)※古事記のみ
ご利益 戦勝祈願、平和祈願 他
[対応業種]宝飾・宝石業/眼鏡業/カメラ業/時計業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 社伝によると、主祭神となる玉祖命は当地で亡くなったことに由来し、当社を創建したことに始まるとされる。付近の「玉の石屋」が墳墓とされている。
所在地 (〒747-0065)山口県防府市大字大崎1690
最寄り駅 ●JR山陽本線「防府」駅より徒歩約55分[港口]
その他アクセス −−−−−
電話番号 0835-21-3915
ポイント
当社は、周辺に鎮座する玉祖神社の総本社となる。
当社では、仲哀天皇、神功皇后が三韓征伐の折りに立ち寄られ、軍事の吉凶を占ったとされ、今でも占手神事(うらてしんじ)として、例祭の前日の夜に行われている。
当地は、天岩戸伝承の際に、常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせたといい、それが、当社の境内にある鶏、黒柏(くろかしわ)鶏とされ、同地はその発祥地ともされ、実際に未だ数羽飼育されている。天然記念物にも指定されている。
かつては、眼鏡のレンズを”玉”と読んでいたことから、「メガネの神社」として知られる。そして、実際に、毎年4月の第2日曜日に、全国のメガネ業者による古メガネのフレーム供養となる「玉の祭」が行われる。
当社から少し外れたところに、「玉乃岩屋」と呼ばれる玉祖命が没したとされる碑がある。
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
9月25日に近い土日例大祭
その他イメージ
神門前
鳥居前
黒柏鶏
玉乃岩屋
ユーザーコメント