神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

湯殿山神社

湯殿山神社
湯殿山神社
基本データ
旧社格国幣小社・別表神社
総本社 地元山岳信仰発祥(湯殿山):
出羽三山(でわさんざん):
月山神社(山形県東田川郡:月山)
出羽神社(山形県鶴岡市)
湯殿山神社(山形県鶴岡市)
ご祭神 大山祇神/大山積神(おおやまつみ)
大己貴命/大穴牟遅神(おおなむち)
※[別名]大国主命
少彦名命/少毘古那神(すくなひこな)
ご祭神について 大山祇神:大山を司る神、山の神の総元締の山神、金運の神
大己貴命:国造りの神、農業神、商業神、医療神
少彦名命:醸造の神、高皇産霊神の子、協力神、常世の神、医薬・石・穀物霊
ご利益 商売繁盛、金運上昇、良縁祈願 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 古来から修験道を中心とした山岳信仰の場として、信仰を集めていた。
所在地 (〒997-0532)山形県鶴岡市田麦俣7
最寄り駅 ●JR羽越本線「鶴岡」駅
その他アクセス −−−−−
電話番号 0235-54-6133(湯殿山本宮)
ポイント
月山・羽黒山・湯殿山の3つの山を総称して出羽三山と呼び、それぞれの山を祀る、当社(湯殿山)と出羽神社(羽黒山)、月山神社(月山)を併せた宗教法人として、羽三山神社(三神合祭殿)が羽黒山に鎮座している。
当社境内内は撮影禁止となっている。
当社には、通常あるはずの本殿、拝殿が存在死ない。
当社では、禊場で、下足し、紙人形にて禊をしなければ、神社の中に入ることが出来ない(原則、素足での参拝)。
当社では、擬死再生(ぎしさいせい)という生まれ変わりの信仰が根深く、羽黒山で現世利益の御神徳を受け、月山で死後を体験し、当湯殿山で新しい生命を賜わり、再生するとされた。その為、参拝順路として、羽黒山→月山→湯殿山の順路が正しいとされる。
当社境内内は撮影禁止となっている。
当社では、真言宗との習合との名残を残すものとして、護摩炊きの神道版とも言うべき、火祭護摩祈祷がある。非常に、荘厳かつ幻想的なものとして、人気が高い。参拝の際には、火祭り奉納は是非、おススメ。
当社は、11月1日から4月末日まで閉山されてしまう。この期間、神職の方々は、出羽神社へと移る。
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
火祭護摩祈祷
ユーザーコメント