神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

出羽神社

出羽神社
出羽神社
基本データ
旧社格式内社(小)・国幣小社・別表神社
総本社 出羽三山(でわさんざん):
月山神社(山形県東田川郡:月山)
出羽神社(山形県鶴岡市)
湯殿山神社(山形県鶴岡市)
ご祭神 伊氐波神(いではのかみ)
宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
ご祭神について 伊氐波神:出羽国の国魂(くにたま)
宇迦之御魂神:生産の神/五穀豊穣の神
ご利益 商売繁盛、五穀豊穣 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 延暦年間(797年頃)、坂上田村麻呂が東夷東征の折、羽黒山大権現に戦勝祈願をしたところ、俘囚の長であるアテルイを無事討つ事が出来た事より、大権現を勧請したことに始まるとされる。当時は、羽黒山寂光寺と呼ばれていたが、明治時代の神仏離反によって、現在の社名に改称された。
所在地 (〒997-0211)山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33
最寄り駅 ●JR羽越本線「藤島」駅
その他アクセス −−−−−
電話番号 0235-62-2355(出羽三山神社)
ポイント
月山・羽黒山・湯殿山の3つの山を総称して出羽三山と呼び、それぞれの山を祀る、当社(羽黒山)と湯殿山神社(湯殿山)、月山神社(月山)を併せた宗教法人として、出羽三山神社(三神合祭殿)が羽黒山に鎮座しており、当社には、三社を併せた三神合祭殿がある。
当社の三神合祭殿は、出羽三山のそれぞれが祀られており(特に、月山と湯殿山には季節的な制限があるためでもある)、その社殿の藁葺きは国内最大とも言われている。
当社では、擬死再生(ぎしさいせい)という生まれ変わりの信仰が根深く、羽黒山で現世利益の御神徳を受け、月山で死後を体験し、当湯殿山で新しい生命を賜わり、再生するとされた。その為、参拝順路として、羽黒山→月山→湯殿山の順路が正しいとされる。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.dewasanzan.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
神門
国宝五重塔
境内(参集殿ほか)
ユーザーコメント