神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

熱田神宮

熱田神宮
熱田神宮
基本データ
旧社格式内社(名神大)・官幣大社・別表神社・尾張国三宮
総本社 熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)
ご祭神 熱田大神(あつたのおおかみ)※日本武尊同一説あり
※[別称]草薙剣(くさなぎのつるぎ)
※[別称]天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
[相殿]天照大神(あまてらすおおかみ)
[相殿]素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
[相殿]日本武尊/倭健命(やまとたける)
[相殿]宮簀媛/美夜受比売(みやずひめ)
[相殿]建稲種命(たけいなだね)
ご祭神について 熱田大神:決断の神
※草薙剣:三種の神器のひとつ
天照大神:皇祖神のひとつ、太陽の神
素盞鳴尊:厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
日本武尊:難局打開、武運/武徳長久の神
宮簀媛命:熱田神宮の創設者、日本武尊の妃神
建稲種命:宮簀媛の姉/日本武尊東征の副将軍
ご利益 大願成就、武運長久 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 第12代景行天皇の時代(71年-130年)、日本武尊が、東国平定の帰り道に、尾張に滞在する。そして、その時、宮簀媛命と結婚し、草薙剣を妃の手許(名古屋市緑区大高町火上山)に預ける。しかし、日本武尊が、三重県亀山市能褒野(のぼの)で亡くなってしまったので、妃は、その神剣をここ熱田の地に奉斉し、お祀りになられたことに始まったとされる。
所在地 (〒456-0031)愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
最寄り駅 ●地下鉄名鉄線「神宮西」駅より徒歩約8分[2]
●JR東海道本線「熱田」駅より徒歩約9分
●名古屋本線/常滑線「神宮前」駅より徒歩約10分[西口]
その他アクセス −−−−−
電話番号 052-671-4153
ポイント
当社では、境内社として、
1.眞敷刀俾命[下知我麻神社]
2.乎止與命[上知我麻神社]※宮簀媛命の父
3.大年神(おおとし)[御田神社]
4.吉備武彦命・大伴武日命[龍神社]
5.宇迦之御魂神(うかのみたま)[大幸田神社]
6.天火明命[孫若獅子神社]
7.天忍穗耳尊[日割御子神社]
8.罔象女神(みずはのめ)[清水社]
9.6柱の祠を合祀[六末社]
(日長神社:日長命/素盞嗚神社:素盞嗚尊/水向神社:弟橘媛命/今彦神社:建稻種命/姉子神社:宮簀媛命/乙子神社:弟彦連)
10.菅原道真公[菅原社]
11.伊弉諾尊/伊弉册尊[楠之御前社]
12.素盞嗚尊(すさのお)[南新宮社]
13.熱田大神[八劔神社]※当社別宮
14.大國主命[大国主社]
15.事代主命[事代主社]
16.居茂利大神[曽志茂利社]
17.五男三女神[八子社]
18.天照大神荒魂[一之御前神社]
などを祀っている。
当社は、織田信長が、桶狭間の合戦の際、戦勝祈願に訪れ、無事、勝利を成し遂げたと言われており、境内の「信長塀」は、その御礼とされている。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.atsutajingu.or.jp/
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
6月5日熱田祭
その他イメージ
境内社(楠御前社)
境内社(南新宮社)
本殿
信長塀
御神木
佐久間燈籠
ユーザーコメント