神社人メインタイトル
 
10919社
サイト内検索

廣峯神社(広峯神社)

廣峯神社(広峯神社)
廣峯神社(広峯神社)
基本データ
旧社格など県社・別表神社
総本社 広峯神社(兵庫県姫路市)
ご祭神 [正殿]牛頭天王 (ごずてんのう)
※[同類]素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
[正殿]五十猛命(いそたける)
[左殿]櫛稲田姫命/奇稲田姫命(くしなだひめ)
[左殿]脚摩乳命/足摩乳命/足名椎命(あしなづち)
[左殿]手摩乳命/手名椎命(てなづち)
八王子命(はちおうじのみこと):
1.天忍穂耳命(あめのおしほみみ)
※[別称]正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかあかつかちはやびあめのおしほちみ)
2.天穂日命/天菩日命(あめのほひ)
3.天津日子根命/天津彦根命(あまつひこね)
4.活津日子根命/活津彦根命(いくつひこね)
5.熊野久須毘命/熊野櫲樟日命(くまのくすび)
6-8.宗像三女神(むなかたさんじょじん)
6.多紀理毘売命(たきりびめ/たぎりひめ)
※[別記]田心姫命(たごりひめ)
※[別名]奥津島比売命(おきつしまひめ)
7.市寸島比売命(いちきしまひめ)
※[別名]狭依毘売命(さよりびめ)
※[同義]弁財天(べんざいてん)
8.多岐都比売命/湍津姫(たきつひめ/たぎつひめ)
ご祭神について 素盞鳴尊:嵐/暴風雨の神、厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
五十猛命:林業の神、建築業の神、造船業の神、水の神様、浮宝(船)の神、軍神の頭領神
櫛稲田姫命:稲田の女神 ※スサノオ神の妻/オオクニヌシの母
=一組みの夫婦神:縁結び
脚摩乳命/手摩乳命:足と手の神、家庭円満の神、子供を思いやる心をあらわす
八王子命:アマテラスがスサノオと誓約した時に生まれた五男(天照大神側)三女(須佐之男命側)の神々のこと。
天忍穂耳命:天照大神の左のみづらにかけられた珠から化生した神、出雲の国譲り一番目に派遣され出雲への降臨を取りやめた神、ニニギの父神、稲穂の神、農業神
天穂日命:天照大神の右のみづらにかけられた珠から化生した神、菅原家の祖神、出雲の国譲り二番目に派遣され大国主命に寝返った神、出雲国造・武蔵国造・土師連の遠祖にあたる神、農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神
天津彦根命:天照大神の首の珠から須佐之男命の左腕に化成した神、多くの氏族の祖神/天皇家に忠誠を誓った氏族
活津彦根命:天照大神の左手にかけられた珠から化成した神、太陽の神、繁栄の神
熊野樟日命:天照大神の右手にかけられた珠から化成した神、火の神、紀州・熊野三山の本源とされる神
宗像三女神:須佐之男命の剣から化成した神、海上守護、航海安全の神、水の女神、財宝の神、学芸/芸能、美の神
ご利益 厄除、除災招福、武運長久、恋愛成就、商売繁盛、海上安全、安産祈願、家内安全 他
[業種対応]林業/建築業/造船業/繊維業/衣料業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 天平6年(734年)
由緒 祟神天皇の御代に廣峯山に神籬を建て,素盞鳴尊,五十猛命を奉斉し、聖武天皇の御代天平5年(733年)吉備真備公に勅して大社殿を造営し、牛頭天王と名付ける.以後,日本暦の「こよみ」を司る暦神とした。
所在地 (〒670-0891)兵庫県姫路市広嶺山52
最寄り駅 ●JR山陽線/播但線/姫新線「姫路」駅
その他アクセス ○「姫路」駅より神姫バスで約20分終点「広峰」下車徒歩約30分
電話番号 079-288-4777
ポイント
当社は、全国にある牛頭天王の総本宮となる(京都官幣大社八坂神社も同様の主張をしている)。
社殿中央には毎年11月15日に行われる御柱祭で神様が降臨される場所がある。
本殿・拝殿とも国の重要文化財であり、国内最大級の大きさを誇る。
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
4月18日例大祭
その他イメージ
本殿
神様が降臨される場所