神社人メインタイトル
 
10895社
サイト内検索

梅宮大社

梅宮大社
梅宮大社
基本データ
旧社格など式内社(名神大社)・二十二社(下七社)・官幣中社・単立神社
総本社 梅宮大社(京都府京都市右京区)
ご祭神 酒解神(さかとけのかみ)
※[同義]大山祇神/大山積神(おおやまつみ)
酒解子神(さかとけごのかみ)
※[同義]木花開耶姫命(このはなのさくやびめ)
※[別称]木花咲耶姫命
大若子神(おおわくごのかみ)
※[同義]彦火瓊瓊杵命(あまつひこほのににぎ)
※[通称]瓊々杵尊
小若子神(こわくごのかみ)
※[同義]彦火火出見尊(ひこほほでみ)
※[通称]山幸彦(やまさちひこ)
※[別称]火遠理命(ほおり)
※[別記]天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ)、日子穂穂手見命(ひこほほでみ)、虚空津日高(そらつひこ)
[相殿]嵯峨天皇(さがてんのう)
[相殿]仁明天皇(にんみょうてんのう)
[相殿]橘嘉智子(たちばなのかちこ)
[相殿]橘清友(たちばなのきよとも)
ご祭神について 大山祇神:大山を司る神、山の神の総元締の山神、金運の神
木花開耶姫命:水の神/安産・子育ての神/美の神
※富士山を抑える役目を果たしていたとされる
彦火瓊瓊杵命:農業の神
彦火火出見尊:神武天皇の祖父、ホデリ(海幸彦)の弟
嵯峨天皇:第52代天皇
仁明天皇:第54代天皇、嵯峨天皇の子
橘嘉智子:嵯峨天皇の后
橘清友:橘嘉智子の父
ご利益 子授け、安産祈願、学業成就、縁結び、酒造業守護、金運上昇 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 県犬養三千代(あがたのいぬかいのみちよ:女官)により橘氏一門の氏神として山城国相楽郡に創建されたことに始まる。そして、平城京への遷都の際に、その娘である光明皇后と牟漏女王によって奈良に遷座し、さらに木津川の上流に遷座する。そして、平安遷都の際、橘氏の出の壇林皇后によって現在地に遷座された。
所在地 (〒615-0921)京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
最寄り駅 ●阪急電鉄嵐山線「松尾」駅より徒歩約11分
その他アクセス −−−−−
電話番号 075-861-2730
ポイント
御神紋:橘
当社の「またげ石」という血脈相続の石をまたぐと子宝に恵まれると言われる。
ご朱印対応 あり
公式HP http://www.umenomiya.or.jp/
MAP(地図)
イベントスケジュール
4月中酉の日例大祭(献酒報告祭)
その他イメージ
正面
鳥居
楼門