神社人メインタイトル
 
10895社
サイト内検索

阿須伎神社

阿須伎神社
阿須伎神社
基本データ
旧社格など式内社・出雲大社摂社・郷社
総本社 出雲大社(島根県出雲市)
ご祭神 阿遲須伎高日子根命(あじすきたかひこね)
※[別記]味須気高彦根神(あぢすきたかひこね)
※[別記]味耜高彦根命/阿遅鉏高日子根神
[合殿]五十猛命(いそたける)
[合殿]天稚彦命(あめのわかひこ)
[合殿]素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
[合殿]下照姫命(したてるひめ)
[合殿]猿田彦神(さるたひこ)
[合殿]伊弉諾尊/伊邪那岐命(いざなぎ)
[合殿]天夷鳥命(あめのひなどり)
※[別称]武夷鳥命/建比良鳥命(たけひらとり)
※[別称]武日照命(たけひなてる)
[合殿]稻背脛命(いなせはぎ)
[合殿]事代主神(ことしろぬし)
※[通称]恵比寿神
[合殿]天穂日命/天菩日命(あめのほひ)
ご祭神について 味耜高彦根命:農業の神、雷の神、不動産業の神、大国主命の御子神
五十猛命:林業の神、建築業の神、水の神様、浮宝(船)の神、軍神の頭領神
天稚彦命:国譲りの調停で2番目に派遣されたものの、下照姫命と恋に溺れ、使命を忘れ、その罪によって亡くなったという逸話を持つ悲劇的かつ反逆的な神
素盞鳴尊:嵐/暴風雨の神、厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
下照姫命:国や家庭、事業の安泰を司る神、大国主神と田心姫命の娘神、阿遅金且高日子根神(あぢすきたかひこね)の妹神
猿田彦神:道と境界を守る神(道祖神)、交通安全の神
伊弉諾尊:縁結の神
武夷鳥命:出雲国造の祖神
稻背脛命:出雲国造の祖神のひとつ、国譲りの際に事代主命を呼びに言った神
事代主神:海の神、商業の神、釣りの神
天穂日命:稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神、菅原家の祖神
ご利益 五穀豊穣、厄除、除災招福、殖産振興、交通安全、方災解除、開運招福 他
[対応業種]不動産業/旅行業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 当社の創建時期は不明となるが、かつては、同名の社が、出雲国風土記に38社、延喜式に11社掲載されており、当社は、それらがすべて合祀されたものとみている。貞観13年(871年)には、正五位に叙せられている。
所在地 (〒 699-0731)島根県出雲市大社町遥堪1473
最寄り駅 ●一畑電車大社線「浜山公園北口」駅より徒歩約23分
その他アクセス −−−−−
電話番号 −−−−−
ポイント
当社は、出雲大社の摂社のひとつとなる。
ご朱印対応 不明
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
全景