神社人メインタイトル
 
10944社
サイト内検索

志賀理和氣神社(赤石神社)

志賀理和氣神社(赤石神社)
志賀理和氣神社(赤石神社)
基本データ
旧社格など県社
総本社 鹿島神宮(茨城県鹿島市)
香取神宮(千葉県香取市)
ご祭神 経津主神(ふつぬし)
建御雷神/武甕槌神(たけみかづち)
猿田彦神(さるたひこ)
保食命(うけもち)
※[同一説]宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
※[神仏習合]馬頭観音(ばとうかんのん)
少彦名命/少毘古那神(すくなびこな)
大己貴命/大穴牟遅神(おおなむち)
※[別名]大国主命(おおくにぬし)
船霊命/船魂神(ふなだま)
ご祭神について 経津主神:刀剣の威力を神格化した神、海上守護・国家鎮護の神
武甕槌神:雷神、刀剣の神、弓術の神、武神、軍神、武道・競技の必勝、事業の創始、旅行安全の神
猿田彦神:道と境界を守る神(道祖神)、交通安全の神
保食命:日本書紀にのみ登場、食物起源説の神(古事記では大宜都比売で語られる)、生産の神/五穀豊穣の神、牛や馬の神
少彦名命:醸造の神、高皇産霊神の子、協力神、常世の神、医薬・石・穀物霊
大己貴命:国造りの神、農業神、商業神、医療神
船霊命:海の神、航海安全の神
ご利益 勝利祈願、国家鎮護、海上守護、交通安全、方災解除、開運招福、商売繁盛、五穀豊穣、良縁祈願、起業成就、病気平癒、無病息災、家運降昌 他
[対応業種]旅行業/医療業/温泉業/酒造業/武芸関係/畜産業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 延暦23年(804年)
由緒 延暦23年(804年)、坂上田村麻呂が東夷征討拠点として志波城築城の折、東北開拓の守護神である香取、鹿島の二神を当地の鎮守として斯波加里の郷鳰が磯野(現在地)に勧請合祀したことに始まると伝えられる。
所在地 (〒028-3307)岩手県紫波郡紫波町桜町字本町川原1
最寄り駅 ●JR東北本線「日詰」駅より徒歩約27分
その他アクセス −−−−−
電話番号 019-672-2767
ポイント
−−−−−
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
MAP(地図)
イベントスケジュール
9月5日例祭
その他イメージ
正面鳥居前
境内