神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

小野神社

小野神社
小野神社
基本データ
旧社格郷社・式内社・武蔵国一宮
総本社 −−−−−
ご祭神 天下春命(あまのしたはる)
瀬織津姫神/瀬織津比売神(せおりつひめ)
伊弉諾尊/伊邪那岐命(いざなぎ)
素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
大己貴命/大穴牟遅神(おおなむち)
※[別名]大国主命
瓊々杵尊/彦火瓊瓊杵命(ににぎ)
彦火火出見尊(ひこほほでみ)
※[通称]山幸彦(やまさちひこ)
※[別称]火遠理命(ほおり)
※[別記]天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ)、日子穂穂手見命(ひこほほでみ)、虚空津日高(そらつひこ)
宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
天押帯日子命(あまたらしひこくにおしひと)
※[別称]天足彦国押人命
ご祭神について 天下春命:天孫降臨の際、天孫降臨の際、警護のために天よりくだされた三十二神の一神
瀬織津姫神:禍事・罪を川から海へ流し込む神
伊弉諾尊:縁結の神
素盞鳴尊:厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神
大己貴命:国造りの神、農業神、商業神、医療神
瓊々杵尊:農業の神/平和と繁栄をもたらす神
彦火火出見尊:神武天皇の祖父、ホデリ(海幸彦)の弟
※日向三代(ひむかさんだい)のひとつ
宇迦之御魂神:生産の神/五穀豊穣の神
天足彦国押人命:古事記/日本書紀に記される皇族(王族)
ご利益 交通安全、厄除開運、良縁祈願、殖産振興、厄除、除災招福、病気平癒、起業成就、五穀豊穣、商売繁盛、国家安寧 他
[対応業種]医療業/温泉業/酒造業
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 安寧天皇18年( 紀元前530年)2月
由緒 −−−−−
所在地 (〒206-0002)東京都多摩市一ノ宮1-18-8
最寄り駅 ●京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅より徒歩約8分[西口]
その他アクセス −−−−−
電話番号 −−−−−
ポイント
当社は、武州六大明神のひとつに数えられる。
1.氷川神社(埼玉県さいたま市)
2.秩父神社(埼玉県秩父市)
3.二宮神社(東京都あきる野市)
4.金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町)
5.杉山神社(神奈川県横浜市緑区)
6.小野神社(東京都多摩市)
当社は、後北条氏、太田道灌らの崇敬を受けて栄えた。
多摩川の左岸である府中市にも小野神社が鎮座している。
ご朱印対応 あり
公式HP −−−−−
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
境内入り口
拝殿(手前)と本殿(奥)
ユーザーコメント