神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索

宝登山神社(寳登山神社)

宝登山神社(寳登山神社)
宝登山神社(寳登山神社)
基本データ
旧社格−−−−−
総本社 宝登山神社(埼玉県秩父郡長瀞町)
ご祭神 神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこ)
※[別名]神武天皇(じんむてんのう)
大山祇神/大山積神(おおやまつみ)
火産霊神(ほむすび)
※[別称]火之迦具土神(かぐつち)
ご祭神について 神武天皇:初代天皇(建国記念の日:神武天皇即位の日)
大山祇大神:大山を司る神、山の神の総元締の山神、金運の神
火貝土命:火の神、火防の神
ご利益 国家安寧、国家鎮護、金運招福、火防守護、家内安全、商売繁盛 他
参拝形式 二拝二拍一拝
創建 −−−−−
由緒 およそ、1900年前の神代、日本武尊の東征の折、宝登山に立ち寄ったとされる伝承がある。この麓には、泉があり、日本武尊はその場で、身を清めた後、一向は頂上を目指したという。すると、どこからからともなく、山火事が発生し、炎に囲まれてしまう。すると、大きな白い犬、黒い犬が現れ、たちどころに炎を打ち消し、犬に先導され、無事に頂上へと辿り着く。すると、その犬たちは、こつ然と姿を消し、山の神のご神徳としった日本武尊は、この山を火止山(ほどやま)と名付け、神籬(ひもろぎ)を祀り、当社のご祭神となる神々、3柱を祀ったことに始まると言い伝えられる。その後、当山は、霊場として崇敬を集め、弘仁年間に宝珠が光り輝き、山頂に飛翔するという神事が起こったとされ、現在の「宝登山」とも表されるようになり、現在に至ったとされる。
所在地 (〒369-1305)埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
最寄り駅 ●秩父鉄道秩父本線「長瀞」駅より徒歩約13分[2]
その他アクセス −−−−−
電話番号 0494-66-0042
ポイント
当社境内には、日本武尊が禊ぎを行ったとされるみそぎの泉跡が今も残っている。
秩父神社三峯神社と並ぶ秩父三社の一つ。
ご朱印対応 不明
公式HP 宝登山神社公式サイト
関連
MAP(地図)
イベントスケジュール
その他イメージ
正面
境内社(日本武尊社)
境内社(稲荷大明神)
ユーザーコメント