神社人メインタイトル
 
10611社
サイト内検索
J1 新屋山神社本宮(山梨県)
願いを見定める神の石?
J2 新屋山神社奥宮(山梨県)
富士山金運パワースポット
J3 湊稲荷神社(新潟県)
動く狛犬?
男女の願いを聞く高麗犬
J4 高尾稲荷神社(東京都)
疲れた現代人にオススメ!?

Case1.魅惑のパワースポット、新屋山神社本宮

当社本宮は、山梨県の富士吉田市のちょっと外れたところにあります。一見普通の神社と変わらないように見えるのですが、実は、こちらの神社では非常に面白い体験が出来るのです。特に有名なのが、「お伺いの石」。自分の願っていること、求めていることを神様に直接伺えるというもので、非常にレアな体験が出来ます。それでは、こちら新屋山神社本宮の魅力を順を追ってみてみましょう。
新屋山神社の社内に入って、先ずは、御玉串の奉納の儀を行います。通例、この御玉串の奉納は、どちらでも行うことできるのですが、こちらでは何と本人が祝詞台で奉納できます。実は、これ、「出来る限り神様に近いところで上げて頂きたい」という神社側からのご配慮なのですが、普通、祝詞台に上がることは神主しか出来ませんので、何気ないこちら奉納の儀も実は、非常に貴重な体験なのです。そして、こちらを終えた後いよいよ「お伺いの石」とご対面(別に順番はありませんよ)。大きさは、直系70センチほどの大きな黒色の石になります。
[お伺いの石の手順]
1.先ずは、神棚に向かい一礼、目の前の「お伺いの石」の前に座ります。
2.そして、石を両手で持ち上げ、その重さを体に覚えさせます。う〜ん、重い!
3.そのまま石を下ろし、今度は、石のてっぺんに自分のおでこを押し当てます。
4.そして、心の中で今最も望んでいることを心の中でひとつだけ念じます。内容に関しては、恋愛でも仕事でも何でも自由です。
例).「あの人とうまくいきますか?」 など・・・、
5.そして、その想いを心の中で強く念じ、石の両脇をさすりながらが、約20秒ほどひたすら念じ続けます。
6.そして、姿勢を正し、再び、石を両手で持ち上げてみます。

7.もし、アナタの願いが受入れられれば・・・、
な、なんと、石が軽くなる!!!!
これは、神様があなたの願いごとに、「Yes we can」(by オバマ)ならぬ、「OK、いけますよ」というお答えを示したことになります。逆に、神様が、「う〜ん、難しいかな、それ」などとお答えになれば、石の重さは重いまま、という訳です。
そして、そのまま、石を下ろし、一礼しながら、心の中で神様に感謝の意を捧げ、確認の為に、石をもう一度、持ち上げてみます。すると、神様が去った今では、石の重さは元の通り。これ、本当の出来事です。取材班で行った時は、7名中6名が実際に石が軽くなったのを体感しています。まぁ、ある意味、その一人だけは可哀想なのですが(笑)、そんな見定めの石、今では、若い女性が恋愛問題の相談に来るのを始め、様々な方が、お伺いに来るのでだそうです。

まぁ、理由はどうであれ、救いの気持ちはモノを動かすといったところでしょうか。単純に、楽しんでと言えば、語弊がございますが、是非、一度、体験してみて下さい。また、この他にも境内には、夫婦木(めおとぎ)と呼ばれる御神木があるのですが、こちらは、人を結ぶ、すなわち、夫婦円満、縁結び、子授かりのご利益があると言われております。その理由は、こちら二本のご神木が上空で絡み合っていることからも、想像できるのですが、注目すべきは、その重なり合う接点が、いわゆる男女のそれぞれの大事な部分を彷彿させるところにあるのです。確かに、よーく見てみると、似ています(笑)。そんな新屋山神社、実は、一番のご利益は、お金の神様にあるのですが(笑)、そこは、当社奥宮に任せましょう(つづく・・・)。

このページのトップへ
新屋山神社本宮のページへ